蹴球部の1年

Spring

3月に新幹部陣のもと、新しいシーズンがスタートします。学校は長い春休みに入り、選手にとって体力作りの大事な時期となります。3月下旬には蹴球部他4つの部活が活動の拠点を置く下田地区にて桜フェスティバル、4月下旬にはラグビー祭を開催し、ラグビー教室や塾内戦により、地域の方・ファンの方と交流を深めます。

4月のオール早慶明三大学チャリティーマッチではOBと一緒に真剣な試合を出来る良い機会です。OB選手の意識の高さに、現役は良い刺激を与えていただきます。招待試合では地域県協会から招待を受け、試合をします。選手にとって地方遠征は楽しみでもあり、遠征後は各ポジションへのお土産で部室が溢れます。

Summer

6月下旬〜7月上旬の長い試験期間を終え、夏休みを向かえると蹴球部の夏季シーズンが始まります。
夏休みはラグビー漬けで、徹底的にフィジカル強化を図ります。9月からの秋シーズンに向けて、自らがチームを日本一に導きたいという思いを糧に、長い夏合宿に励みます。

Autumn

いよいよ秋シーズンの開幕です。

秋シーズンには関東大学対抗戦が行われます。塾蹴球部は現在関東大学ラグビー対抗戦Aグループ(1部相当)に所属しており、慶明戦、早慶戦は伝統の一戦となっております。グループ8チーム内でベスト4入りを果たし、大学選手権への切符を掴むため、負けられないシーズンとなります。また、各大学のBチーム同士で対戦するジュニア選手権も行われ、チーム全体の勢いも加速していきます。

Winter

関東大学対抗戦を終え、ベスト5入りを果たすと12月には目標の大学日本一をかけた大学選手権セカンドステージの開幕です。年明けに行われる準決勝及び決勝(ファイナルステージ)の舞台に立つ正月越えもチームの1つの目標です。大晦日には年納めの餅つき大会を行い、新年を迎えます。

New Year

正月越え(大学選手権ベスト4入り)をしたチームはラグビーの日本一を決める日本選手権に進み、トップリーグのチームと対戦します。塾蹴球部は1985年の日本選手権にてトヨタ自動車を破り、日本一に輝きました。